日本のお城が大好きだと叫びたい人の雑記

とにかくお城が好き!日本のお城のアレコレを好き勝手に書いていきます

お城巡り必須項目!知っておきたい城郭用語その5 城

 

*知っておきたい城郭用語(その5)

 

ここで紹介するのは、お城を理解する助けとなる用語です。

パンフレットや本を読んだとき、つまりこれは何?と悩むことはありませんか?お城を探訪する時や関連する本を読む時に、役立つ基本語その5を順次紹介していきましょう。

今回は、ずばり「城」についてです。

 

◎城とは何か 

 

 城郭研究家井上宗和によると

井上宗和『日本の城の基礎知識』(雄山閣出版 平成3年7月5日再版)

 

【定義】

・城とは人によって住居・軍事・政治目的をもって選ばれた一区画の土地と、そこに設けられた防御的構築物をいう

・狭義の城とは軍事目的をもって選ばれた土地とそこに設けられた防御構築物をいう

 

【城はどのようにして発達したか】

住居の防備、集落の防備から発達していく住居防御系列(平和願望的動機)の城に対して、二義的な性格として生じてきた、住居とは関係なく全く戦いのためにのみ構築される戦闘防御系列(攻撃的性格)の城が、時代とともに発達していきました。

 

 

◎日本の城の起源とも言うべき環濠集落

 

集落の周囲を堀で囲み、堀や土手に逆茂木を置き、土塁に柵を設置したり、物見や横矢用に一部を張りだたせたりして防御機能を強化しています。

 

f:id:sekimeitiko:20200618185509j:plain

佐賀県吉野ケ里遺跡(2005年12月8日登城) by:photo-ac

 

◎地形による分類

 

1 山城(やまじろ)

 

山城には以下の3つがあります。

  • 連峰の中の一つの山峰または複数の山峰に造られた城
  • 独立した山頂に造られたものがあり、さらに城が山上のみに造られたもの
  • 山麓まで城地としたもの
 
当初は居館の詰城として軍事機能だけの城でしたが、戦国期になると、守護・国人領主層の居城として普及しました。山麓部に家臣の居住地を設ける大規模な山城も出てきます。
 
山城と呼ばれるものに高さに対する判然とした基準はありませんが、おおよそ麓からの高さ(比高)が100mを超すもの言います。

 

三大山城

  1. 岩村城(721m 岐阜県
  2. 高取城(584m 奈良県
  3. 備中松山城(480m 岡山県

f:id:sekimeitiko:20200618185637j:plain

稲葉山金華山)山頂にある岐阜城復興天守(1999年5月3日登城)by:photo-ac

 

2 平山城(ひらやまじろ)

 

平山城には以下の2つがあります。

  1. 連山の低い峯の山腹と山麓を入れて造られた城
  2. 台地、平地の独立した小山、または丘陵を中心として山麓を入れて造られた城
 
主に中世の豪族などによって構築された城です。戦乱の時代が終わると軍事的色彩の強い山城にかわり、居住と領国支配を優先する平山城が出現してきます。丘陵上に築かれ、山麓平野部に城下町を設けたものですね。
 
平山城の場合も、山城との区分あるいは平城との区分の判然としない高さのものがあります。通常は20mから150mほどの小山、丘陵が多く、大多数の城は平山城です。

 

三大平山城

  1. 松山城愛媛県
  2. 姫路城兵庫県
  3. 和歌山城和歌山県

f:id:sekimeitiko:20200618185831j:plain

平成6年に木造で復元された掛川城復元天守(1995年12月25日登城)by:photo-ac

 

3 平城(ひらじろ)

 

平城は平地、盆地あるいは広大な大地で、城の内外に高低のない地域に造られた城です。

 

多少起伏のある丘陵地の場合など平山城と区分の出来ないもの、あるいは城の中心地がわずかに外郭よりも高いものなどで、平城と称していいような城もあります。平城では防御の構想をすべて人工の構築物とするか、あるいは付近に沼沢地や河川のある場合、これを防御の考慮に入れています。

 

天然の要害地を利用するのではなく、平野部に軍事・政治・経済の中心としてきずかれた城で、城下町を含め計画的にプランが練られています。石垣を含めた城郭技術の進展によって可能となった城で、江戸城松本城広島城などがあります。

 

 

【三大名城】

江戸城を別格として、名古屋城大坂城、熊本城ですが、近代以降は大阪城、姫路城、熊本城 と言われています。

 

f:id:sekimeitiko:20200618185953j:plain

二条城東大手門(1998年4月3日登城)by:photo-ac

 

4 水城(みずじろ)

 

水城と総称されるものはさらに海城、湖城、川城に分かれますが、いずれも防御の主体を海、湖沼、河川においたものです。

 

海城】

海岸に構築されたものと海岸に近い島に構築されたもの、海中の小島全体を城としたものがあります。

f:id:sekimeitiko:20200618190123j:plain

昭和55年に建てられた今治城模擬天守(1996年5月26日登城)by:photo-ac


 三大水城

  1. 高松城香川県
  2. 今治城愛媛県
  3. 中津城大分県

 

湖城】

湖の湖岸か湖中の小島につくられた城で、その構造は海城と大差ありません。高島城、松江城などです。

f:id:sekimeitiko:20200618190237j:plain

長野県高島城復元天守(2001年9月14日登城)by:photo-ac


川城】

川岸に造られた城です。犬山城人吉城など。河口に近い大規模な中洲を城地とした例は、広島城桑名城徳島城など。

f:id:sekimeitiko:20200618190329j:plain

木曽川東岸に聳える犬山城(1999年5月4日登城)by:photo-ac


 参考文献:井上宗和『日本の城の基礎知識』(雄山閣出版 平成3年7月5日再版)財団法人日本城郭協会監修『日本100名城公式ガイドブック』(学習研究社2007年7月3日発行)